玄関の使い方

我が家は新築住宅を建てることになりました。間取りを決めたりしている最中ですが住宅でこだわった部分の一つに玄関があります。玄関は住宅の顔です。家族が出入りするだけでなく、お客様が住宅に足を踏み入れる第一歩となる場所なだけにスッキリとオシャレな空間にしたいものです。これを実現させるために玄関を家族用玄関とお客様用玄関と分けることにしました。

家族用玄関の方にはシューズクロークを設けて大容量に収納できるスペースを確保しながら、家族の出入りができるのです。このように玄関を分けることでお客様用玄関には靴が散らかることがなくなり、スッキリと開放感のある玄関とすることができます。急な来客者にもすぐに対応できるという点も忙しい主婦にとっては嬉しい点ではないでしょうか。

現在は玄関スペースが狭い上に靴箱を設置しています。子どもや旦那さんが帰宅するとすぐに玄関が靴でいっぱいになってしまいます。靴箱いっぱいに靴を収納しているので旦那さんも子ども達も自分で自分の靴を管理しようとはしません。靴が散らかっている時に限って宅急便の人が来たり、近隣住民の人が訪れてきます。玄関を開ける前にいつもバタバタしながら靴を整理しています。新築住宅ではこのようなことがないように玄関を整えたいと思っていました。

家族用玄関には天井にまで広がる大容量に収納できるシューズクロークがあれば旦那さんも子ども達も靴の出し入れがしやすくなり、自分で自分の靴を出し入れするようになると思います。このシューズクロークにはベビーカーや三輪車など外で使用する物も収納しようと思っています。住宅の顔である玄関をきちんと整えておきたいものです。

This entry was posted on 水曜日, 7月 29th, 2015 at 8:17 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.