平屋住宅

建ち並ぶ住宅を見ても平屋住宅は数を少なくしてきました。平屋住宅を建てるにはある程度の土地の広さが求められます。近年、住宅購入者が増え土地が取り合いのような状態になっている地域も少なくありません。この現状で、満足のいく平屋住宅を建てるには土地の確保が難しいのです。

しかし、平屋住宅を希望する人も増えているとも聞きます。平屋住宅にも魅力があります。私も以前から平屋住宅に憧れを抱いていました。平屋住宅の魅力はまず安全性の高い住まいであることだと思います。部屋から部屋への移動に階段を要することがありません。住宅内での事故で多いのが階段での転倒や落下事故です。階段のない平屋住宅は安全性の高い住宅と言えるのです。

また階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。このデッドスペースの活用法は家造りの課題の一つでもあるのです。階段のない平屋住宅はデッドスペースのない、空間を有効利用できる住まいと言えるのです。

また、風通しのいい住まいでもあるのです。二階がある家では、一階と二階で空気の循環がされづらいことがありますが、平屋の場合は窓を開けると風が家全体に行き渡るのです。そして住宅内の動きがコンパクトであるのも大きな魅力です。移動のしやすさや動線の短さはその家の暮らしやすさにも大きく影響してきます。家族がそれぞれ別々の空間で過ごしていても互いの存在を身近に感じられ、家族の繋がりを実感できるのです。

土地の確保が難しいという現状もありますが、魅力が多い平屋住宅はこれから希望する人が増えていくのかもしれませんね。

This entry was posted on 金曜日, 8月 12th, 2016 at 10:10 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.