壁一面収納

リビングの壁一面に造り付け収納を設置しました。リビングは家族が長時間共に過ごす場所なだけに高い快適性と居心地の良さが求められます。リビングにテレビ台、電話台、キャビネット、飾り棚などそれぞれバラバラに設置しては、リビングに凹凸が生まれ空間に圧迫感を与えます。リビングをよりスッキリとさせるにはテレビを設置するテレビ台を造り付けにすることです。部屋の寸法にピッタリの家具にすることで空間をスッキリと見せることができます。

そしてテレビ台の周りにはリビングで必要な物などを収納できるようにしておきます。テレビ台にはDVDレコーダーやテレビ関連機器を設置します。テレビのサイドに生まれる空間はリビングを華やかにするための飾り棚を設けます。お気に入りの雑貨を飾ったり、家族写真を飾ったりする場所として最適です。またテレビ台の上部はキャビネットを設けます。

我々夫婦の趣味はDVD鑑賞です。数多くのDVDがありこれらの収納場所に今まで頭を悩ませていました。テレビの上部に設けられたキャビネットにこれらをきちんと並べて収納しておけば、趣味の時間を今まで以上に楽しく過ごせるでしょう。またDVDの整理もしやすくなります。テレビ台としての機能と、飾り棚としての役割、収納スペースとして壁一面をこのように活用することで、リビングに統一感が生まれますし、凹凸が少なく空間をスッキリさせることができるのです。リビングは人が集まる場であるので、物も自然と増えていきます。物がきちんと片づけられるリビングにしたいものです。

This entry was posted on 月曜日, 12月 19th, 2016 at 1:19 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.