必要なくなった服の行き先

★フリマアプリ・・・購入したときの値段が高かった場合や思い入れのある服は、比較的自分が設定した値段で販売することができる、スマートフォンのアプリ上で売買できるフリマアプリもあります。スマホにアプリをダウンロードすれば簡単に出品ができます。全体がわかる写真と、細部がわかる写真を撮り、値段と発送方法を決めれば出品完了です。フリマアプリ メルカリ https://www.mercari.com/jp/

★古着の回収をしているお店に持っていく服・・・衣料品量販店は古着の回収を行っているお店があります。リサイクルしたり、古着として途上国の衣料支援を行ったりしています。H&M(どんな衣類でも回収をしてくれて店舗に持参するとお買い物券に交換してくれます)、ユニクロ(全商品がリサイクル対象で店舗に回収ボックスがあります)、無印良品(年に数回開催される無印良品週間に無印良品の衣料品・タオル・寝具などを回収し、お店に持っていくと無印アプリのポイントを還元してくれます)、古着deワクチン(自宅の古着を送って発展途上国の子供たちにワクチンを受けてもらうボランティア)などがあります。

★処分する服・・・綿素材のTシャツなどは、使い捨ての雑巾にして掃除に使いましょう。Tシャツをそのまま残しておくと使いません。使いやすい大きさで、すぐ出せる状態にしておくため、すぐにハサミを入れます。
ここまで分けて残った服は、本当に処分する服です。潔く処分しましょう。クローゼットに限らず、片付けをした後不要になったものの行き先を決めるのが、一番の難所です。気がついたらまたクローゼットに戻っていたという事が起きないように、早く行動に移しましょう。

This entry was posted on 金曜日, 11月 17th, 2017 at 2:40 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.