造り付け家具

生活する上で必要な家具を建物のスペースに合わせて造り付ける家庭も増えています。新居やリフォームの際に家具を同時に計画することで、後から建物のデザインやサイズに合わせて家具を選ぶ手間もかからないのです。家具を造り付ける魅力は、建物にスッキリと家具が収められるので、空間の一体感が高まります。また隙間が生まれないので掃除のしやすさも高まるのです。

床から天井までデッドスペースを生むことなく収納スペースとして利用できるので収納力を高められるのです。また、室内の雰囲気や手持ち家具との調和のとれたデザインを取り入れることができるので全体のまとまりも高められます。そして、自分の気に入った素材や色味、デザインや仕様を取り入れることもできるため、家具の利用のしやすさを高められたり、世界に一つだけのオリジナル家具を手に入れることも可能になるのです。家具への愛着も増し、家具を大事に使うことにも繋がるのです。

また、建物に合わせて家具を造り付けるため、耐震性にも優れています。日本は地震大国でもあるので地震に備えた家造りを行うことは非常に重要です。大きな地震の際に家具の倒れ込みの心配がなくなることで住まいの安全性も高められるのです。しかし、素材や仕様にこだわることで非常に高価な家具になってしまいます。また、建物に合わせて家具を造り付けるため、レイアウトの変更ができなくなります。棚の高さを調整できたり、一部分を可動式にしたりして、変化に対応しやすい造りにしておくことも忘れてはいけません。予算や将来を見据えて家具設計も行いましょう。

This entry was posted on 月曜日, 4月 30th, 2018 at 6:38 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.