平屋住宅

建ち並ぶ住宅を見ると二階建てが多いですが、近年平屋住宅に魅力を感じる人も増えているのです。平屋住宅に希望の間取りを実現するということになるとある程度土地の広さが求められるのですが、年齢に問わず暮らしやすさを実感できる住まいとなるのです。

暮らしやすさを感じる最大のポイントは、住宅内の移動のしやすさです。部屋から部屋への移動をスムーズに行え、住宅内の移動に無駄な動きがないようにすることが大事です。住宅内の動線上に階段を挟まないため、動線が短くなるだけでなく体に負担もかけません。階段の上り下りは妊娠時や足腰が弱ってくると体に大きな負担となります。

また、住宅内の事故で多いのが、階段での転倒や落下事故です。住宅内に階段がないことでこれらの事故の心配がなく住まいの安心度も高まります。また、階段を設けると階段下にはデッドスペースが生まれます。しかし、階段がない平屋住宅は、階段がない分間取りをコンパクトにすることができますし、収納スペースを増やすことも可能なのです。

二階を設けても将来的に上がらなくなる可能性もあるので無駄なスペースを作らずに済むのです。そして、ワンフロアなので自然と家族がリビングに集まってきやすくなります。家族のコミュニケーションを大事にできますし、互いの気配を身近に感じられることで安心感も得られます。また、高さが低いため二階建てに比べて構造的に強く、台風や地震の際にも危険が少なります。このような魅力がある住まいであるだけに人気を高めているのも納得できるのではないでしょうか。

This entry was posted on 火曜日, 7月 24th, 2018 at 2:32 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.